顔のシワを注射で解決|アンチエイジングを極める

女性

理想のフェイスラインを

スキンケア

まずは鏡と相談しよう

最近どうもフェイスラインが崩れてきた、そんなふうに感じられている方も多いのではないでしょうか。頬のたるみは顔を老けさせてしまう大きな要因の1つです。そんな頬のたるみを解消してくれるのは、何と言っても美容整形でしょう。美容整形で頬のたるみを解消する場合、施術法としては何通りかの種類があります。最も簡単なものはヒアルロン酸などを注入する方法ですが、ここで注意したいのが、同じたるみと言ってもどのようなたるみ方なのか、という点です。例えば、痩せてしわが出てしまい、全体的にたるんでしまったような場合には注入系も効果的ですが、逆にお肉が下がってたるんでしまった場合には、注入するとよけいに下に下がってしまう恐れがあります。そのような時にはフェイスリフトなど、引っ張り上げるタイプの施術を選んだ方がいいでしょう。同じ頬のたるみでも、タイプはそれぞれです。自分はどのようなタイプなのか、まずは鏡と相談してみませんか。

リスクは少なくリターンは

レーザーを照射したり、ヒアルロン酸などを注入したり、はてはフェイスリフトと、様々な施術法が選べる頬のたるみ解消法ですが、やはり今の主流はなるべく身体に負担をかけずにリスクを少なくする、というものです。しかし、リスクを少なくするとどうしても持続性に欠けるという問題が出て来ます。例えば糸を使用したフェイスリフトは非常にリスクが少なくたるみの解消を実現してくれますが、やはり持続力の点で物足りなさを感じる人もいることでしょう。そこで、最近は糸の素材を弾力のある、強いものにするなど、持続力も高めるような方法が開発されてきています。今後はこうしたリスクの少ない施術で、なおかつ持続性に優れたものがますます開発されていくのではないでしょうか。「リスクは少ないがリターンも小さい」から、「リスクは少ないがリターンは大きく」の時代へ、頬のたるみ解消も新時代へ向かっているのでしょう。